ミシシッピニオイガメ・カブトニオイガメ他 2009年9月の様子



今年(2009年)の夏は冷夏でしたが暑いものは暑い。
我が家のカメ達は室内でエアコン25〜26度設定にして過ごしました。
ですから夏でもヒーターが入ってたりします^^;

2010年の1月で丸10年を迎えるミシシッピニオイガメ、今月で丸3年が経過したカブトニオイガメ。
そして去年から育てている小さい方のカブトニオイガメや2年目のセイブニシキガメ、全て元気に夏越し完了です。


ミシシッピニオイガメは、相変わらず衣装ケース飼育。
簡素な飼育設備と衣装ケースの利点である「取り回しの良さ」のおかげで少し水が汚れたと思えば即、水換え。
水換えに勝るものは無しですネ^^

エサはエーハイムのリッチスティックを多めに、レプトミン、カメプロス、スイミー等を主食に。
タニシ、鳥レバー、小赤、ミナミヌマエビなどを与えています。
これは他のカメも同じ。

カブトニオイガメの大きい方は完全にミシシッピニオイガメより大きくなりました。
飼育1年目の小さい方のカブトニオイガメも順調に育っています。


現在、我が家では最大の水槽(120規格)と設備で飼育中のセイブニシキガメ。
濾過器をエーハイム2217、テトラEX75。
サブで水作エイトMを3個。
これで水換えの期間が、どれだけ延ばせるか・・を実験中です。

戻る