カメの保温・冬場対策 2010年版


今年の冬(2010年)は冷えそうですね、夏は猛暑でしたし・・
我が家の室内飼育組の保温対策を紹介します。

越冬組は11月からエサ抜きして12月初旬から冬眠モードへ・・ある意味、一番楽かも・・^^;
この120センチ水槽に仕切りを入れてミシシッピニオイガメとカブトニオイガメが冬眠中。


これは、室内の仔ガメ用の飼育例です。
ジャンボタライ(底面積なら120センチ×45センチより広い)に衣装ケースをレンガで底上げして上部濾過器、壁掛けフィルター、衣装ケース(底面はドリルで穴が多数開いています)の下にヒーターとエアレーション。
保温用のレフライトと、紫外線ライト、夜間の保温ライト。
上部フィルターもレンガに乗せて、稼動させています。

アフェリエイト画像ですが、水中ポンプタイプで静か&追加濾過槽付きで、この値段なら早いモノ勝ちだと思います。
ろ材は、私の場合、別水槽で使用していた大磯砂を入れ、最上部にウールマットです。

あと、去年までは夜間保温球にヒヨコ電球を使用していましたが、危ない&熱でライトのガラスが劣化して割れた・・^^;
で、少し探してみましたらエミートと言うセラミックの保温ライト?があり、購入(100W)したところ非常に良いですね、コレ。
熱をスポット的に照射し、赤外線的なモノが出てるんだとか・・
実際、とても暖かいですよ。

←アフェリエイト画像です^^;

←アフェリエイト画像です(セットで購入するなら、割安かな)


評判などを聞いても、悪い事は聞きませんしお勧めです。
ただ、50、75、100Wの3種類がありますが私は75W以上をお勧めします。
購入したは良いが、暖かくない・・ではネ^^;

あと、冬場でも室内飼育するなら子ガメの場合、紫外線ライトも必須ですから購入をお勧めします。
今まで私が使用していたエキゾテラと言うメーカーさんのライト輸入先がGEXさんというメーカーさんに代わり、球切れが早くなったような気もしますが、通販でもチャームさん(ショップ)は「即交換します」との事で私は3個購入。
今のところ(と、言っても1ヶ月未満ですが・・苦笑・・酷い時は2日で切れたけど・・)大丈夫なのでお勧めします。
購入したのは26Wでは無く、13Wです。
UV10.0タイプ、紫外線ライトとは言え太陽光には到底及びませんから強いのでOKだと私は思います。

最後にヒーターも少し紹介します。
最近、色々なタイプのヒーターが発売されていますが私はコトブキ、水作あたりを選んでいます。
安い商品ってヒーターだけに怖いような気がして・・
アフェリエイト画像ですが、100Wでヒーターカバー付きならお買い得でしょうね、私は220W+70W(予備)を入れています。ヒーターの場合は断線した時に備え200W必要なら100Wを2本入れる方が安心かも・・
大きめのワット数を購入した方が電気代も安くなるかと思います&購入したけど温度が上がらないじゃ困るから^^;

一応、これで冬場の飼育環境については終わりです。

2010.12.26

戻る