カメの日光浴用グッズの紹介




上の画像は我が家のカメ(この日はクサガメとニホンイシガメ)の日光浴風景です。
これから、夏場にかけて十分な日光をカメ達に浴びせたいのですが心配なのは暑さによる事故。
ほんの15分程度、目を離しただけでカメが暑さで・・・と、言う不幸な事故(人災)はよく聞きます。
そこで我が家の日光浴対策を紹介します。



大きめの衣装ケースに穴を開け、レンガで土台をし、ハムスター用のケージを置きます。
ハムスター用のケージにも側面・底面に穴を開けます。
そこにレンガなどで陸場を作れば完成^^
水道料金が気になりますが、「チョロチョロ」と水をホースから出してれば1回シャワーを使うよりも水道料金は安い。

大きなスペースで水量を取り、ベランダ飼育・ヨシズなどで日陰を作るのも良いですが片付けが大変ですから^^;

我が家の場合は省スペースで安全に日光浴をさせたい・・と思い、上記の方法を採用しました。

アミがあるのでノラ猫やカラス対策もOK。
夏場、あまりに日差しが強ければケージの上にタオルでも置くと日陰が出来ますから手軽です。



水道から直接、水が引けない方はバケツなどに水を汲み、定期的(条件にもよります)に注水し水温を下げる。


  ←アフェリエイト画像(クリックで購入可能)


それほど高価なモノではありませんから、通風の良いカゴタイプのケージを用意してあげれば日光浴グッズになります。
我が家は、この方法で3年目・・・事故は無しですから、まぁお勧めかな〜


魚の水槽飼育は楽だな・・苦笑



戻る