ガンダム大地に立つ!


と、言うことで改めて1stガンダムを見ておりますが・・・ハハ・・
何?このセンスのカケラもないオープニングは・・汗(昔のアニメは、だいたいこんなモンでしたが)
え〜・・まずサザエさんの御父さんじゃなくてナレーターの永井一郎さんが渋い口調で語ります。
さりげなく?ファルメルが写し出されてますネ。
そして本編へ!
おお!、いきなりザクのモノアイがアップで出てきます。
ジーンさんの気合が入った声が緊張感を表現していてGOODですね。
一方、アムロ君は・・・ワハハ・・パンツにランニングシャツですわ。
ついでに、フラウ・ボウ嬢ちゃん・・ヒトの家に上がりこむのは良いにしても、勝手に引き出しとか開けちゃダメだって!
んで、アムロを見ても「動じません」
気分は「お母さん」ってトコロかしら。

アムロ、ようやく重い腰を上げて「いきなり」運転ですよ。(左ハンドルってことは外車なのかな?)

一方、連邦軍ではホワイトベースが「ど〜ん!」と登場です!、光ってます!、何度見てもヘンなデザインですが(笑)
ブライト青年がアムロの御父ちゃんから年齢を聞かれてますネ〜
軍に入って半年・・フムフム・・
・・・19歳??・・・・・・・・・(^_^;)
ま、まぁ良いでしょう、若くても老成しているヒトなんですよ彼は・・

おお〜っと!、今度はジオン軍の「シャア少佐」が御登場ですよ!
見慣れちゃってますから違和感が無いんですが、やはりアノ仮面は「ヘン」だと思う。
ついでに、副官のドレンさんは・・・永井さん?(デギン公王も兼任だよネ・・汗)

一方では、ボチボチ物語り的に動きがあるの?

と、

ジーンさん大暴走・・笑 (普通に軍規違反で裁判モノでしょうに・・)

ガンキャノンらしきモノとガンタンクらしき物体をザクマシンガン「1発」で大破させてます。
「でかした!ジーン!」ですよ・・苦笑

さて、退避カプセルから父を探しに出ちゃったアムロ君ですが・・・
ザクの攻撃で☆になった連邦士官さんの車から「V」と書いた大きめの本を手にします。
極秘資料と書かれたソノ中身とは!?(笑)
アムロ君、ザクが大暴れ中にもかかわらず「説明書」にもう夢中です!(ヘンな子だネ)

フラウの母さんが☆になりフラウを送り出したアムロ君・・なにやら逆ギレ状態です。
(父子ともにヘンな親子だな・・汗)

で、・・・・「コイツ動くゾ!」・・・いや、動かさんでよいっ!・・♪〜( ̄ε ̄;)

「やってみるさ!」・・・ハハハ・・もう、好きにしちゃって下さい。

そして、強烈なハズのザクマシンガンを「屁」ともせず「ガンダム大地に立つ!」ワケですよ。
オプションとして、お約束の「目が光ります」もチャッカリ装備です。

ジーンさん曰く、「怯えてやがるゼ、このモビルスーツ」・・アンタもな〜〜
パイプを引きちぎられ、挙句・・合掌!
(と、言うかナンだよガンダムの動きは?・・立つのに精一杯なハズだが?)

ムチャクチャな戦い方ですが「ザク真ッ二つ」です。流石は主人公だね!
でもな、サイド7の壁に穴まで開けちゃイカンと思うゾ!(テム・レイよ何処へ??)

「よくもジーンを!」・・・デニム曹長・・合掌

「認めたくないものだな自分自身の若さゆえの過ちと言うものを」
シャア少佐の迷言で今日は〆ておきましょうか・・ワハハ・・おみゃ〜は何歳なんじゃい!?