機動戦士ガンダム(映画版)


本文へジャンプ
            原作:矢立肇、富野善幸
            キャラクターデザイン:安彦良和
            メカニカルデザイン:大河原邦男


                       主なCAST 

               アムロ:古谷徹 シャア:池田秀一 セイラ:井上瑤
               ブライト:鈴置洋孝 ミライ:白石冬美 カイ:古川登志夫
               ハヤト:鈴木清信 フラウ:鵜飼るみ子 ギレン:田中崇 
               キシリア:小山菜実 ドズル:玄田哲章 マ・クベ:塩沢兼人
               ガルマ:森功至 デギン:永井一郎 マチルダ:戸田恵子 
               スレッガー:井上真樹夫 ランバ・ラル:広瀬正志 ララァ:藩恵子


上映期間 1981年3月14日〜1982年3月   松竹系

機動戦士ガンダムT

ガンダム爺のコメント

大気圏突入時のガンダムが使う貧乏くさい?フィルムが耐熱フィールドに変更されてますネ。

ガルマ専用ドップには「401」と言うマーキングが付け加えられています。(本に書いてあった・・汗)

ガンタンクはTV版とは異なりルナツーが初陣じゃ無くて地上に降りてから・・

機動戦士ガンダムU 哀・戦士編

ガンダム爺のコメント

Gアーマーは、どこじゃ〜〜??
コアブースターに差し替えられてますネ。

セイラさんの回想シーンが新しく描き足されています。(キャスバル兄さ〜〜ん・・)

主題歌の「哀戦士」・・・今でもメロディーだけなら覚えています。

機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙

ガンダム爺のコメント

ぎゃ!、ギャンが出てません・・マ・クベは生存してますし・・ん〜〜良いモノだけに残念!

ギレン閣下に美人秘書さんが付いてます。(セシリア・アイリーンと言う御方らしいです)

そして、ガンキャノンが2機!
フラナガン博士は整形手術でもしたのかな?・・笑

戦闘シーンは映画ならではのクォリティーで圧巻!

と、言うコトでTV版とは異なる魅力が満載!・・TV版との比較が私の場合「ぼへっ」と脳がボケ気味ですので、あまり分からないワケ(汗)ですが戦闘シーンなど細かい所まで描き起こしをされたようですネ。
単なる「ダイジェスト」じゃ無い魅力が満載!・・だと思う。
   TOP