機動戦士ガンダム 逆襲のシャア


本文へジャンプ
            原作・脚本・監督:富野由悠季
            キャラクターデザイン:北爪宏幸
            メカニカルデザイン:ガイナックス・佐山善則
            主題歌「BEYOND THE TIME〜メビウスの宇宙を越えて〜」
            (唄:TMNetwork)


                         主なCAST 

          アムロ・レイ:古谷徹 シャア・アズナブル:池田秀一 ブライト・ノア:鈴置洋孝
          ナナイ・ミゲル:榊原良子 ミライ・ヤシマ:白石冬美 クェス・パラヤ:川村万梨阿
          チェーン・アギ:弥生みつき ハサウェイ・ノア:佐々木望 ギュネイ・ガス:山寺宏一 
          レズン・シュナイダー:伊倉一恵 ケーラ・スゥ:安達忍 アストナージ:広森信吾
              

上映期間 1988年3月〜   松竹系

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

ガンダム爺のコメント

シャアとアムロの最終バトルです。
名セリフも沢山ありますネ。
舞台は宇宙世紀0093年、シャアはネオ・ジオンの総帥として連邦政府に飽きれ返り「粛清」を開始っ!
隕石落としを敢行しちゃうワケです。
「それはエゴだよ」・・ウンウン、アムロ君に同意!

連邦の独立部隊「ロンド・ベル」艦長であるブライト大佐とパイロットのアムロ。(二人とも成長しましたネ)
物語の冒頭は、ここから始まります。
シャアとアムロ、クェスとハサウェイ、このコンビを中心に各々の感情、思考、思惑が交錯しつつ2時間という短い枠の中で物語は完結します。
(最後は、シャア・・情けなかったな〜・・)

え〜・・ファースト世代のヒトなら最後は笑いつつ感動につつまれるであろう良い作品です!
結局、2人はどうなったのか??・・・永遠の謎になりそうですネ。
富野監督の小説版も読んでみると、一層楽しめるかもしれません。(あとがき・・も)
この続編として小説では「閃光のハサウェイ」がありますがブライトさん・・(TT)
   TOP