ガンダムコレクションDX

画像をクリックすると大きくなります。


RX−93
νガンダム

サイコフレームなる素材を使用する大きな新ガンダム。
このフレームは確かシャアからの贈り物であると記憶する。アムロはそれを知ってか知らずか「νガンダムは伊達じゃない!」と言う が「ウンそうだね!」と、ここは素直に認めるべきである。(共鳴)
RX−78−2
ガンダム+GメカBパーツ

TV32話で出撃するもその後は見られず・・・
ザクレロのパイロットから「出来損ない」と呼ばれる様では本末転倒。 機動力は高いがガンダムの場合、足は飾りではないようである。 私は、当然ザクレロと並べて飾っている。
RX−78−2
ガンダム&Gブル

Gパーツと言うアイテムは多用途に対応するが・・・ これは宇宙でも運用可能な戦車形態である。 Gブルはともかく、同胞されるガンダムはバズーカを装備している。 初バズーカ装備のガンコレとして価値がある・・と言うことにしておく。
MSN−00100
百式&メガ・バズーカ・ランチャー

金色の装甲を持つクワトロ大尉専用機。
100年は運用できなかったが設計者の想いに応える活躍を見せる。 TV(映像)では金色と言うよりは、この黄色になるのであろう。このバズーカ、32話で偽ゲルググとの連携プレイが印象に残る。
MSN−00100
百式&メガ・バズーカ・ランチャー

こちらが百式の金色ヴァージョン。
このメガ・バズーカ・ランチャーは単独でも航行できるスグレモノ。 百式と言えばコレ!になるのだが単体で出して欲しい・・・ 当時は誰もがそう思ったアイテムである。
MSA−003
ネモ&シャクルズ

AE社が開発したエゥーゴ専用の量産機。
ティターンズのマラサイと同様ガンダリウム合金を装甲に使用する。 ベースになった機体はジムUである。 DXならではの組み合わせで
シャクルズが付属する。(単体希望!)
ガンペリー

ガンコレではめずらしい組み立てプラモデル。(コンテナの向きに注意!) コンテナの中はミサイルが搭載でき、よく?故障するが攻撃力も高い。 ミサイル装備とDXのガンダム運搬機の2機は飾りたいアイテム。 ジオン軍からは通称「ナカワレ」と呼ばれる。
RX−78GP02A
ガンダム試作2号機

ガトーによって奪われた「核弾頭MK−82」が付属するガンダム。 有名なセリフ「ソロモンよ!」は、この機体が無ければ言えないであろう。 私はこの機体がお気に入りで台座を普通の物に替えて2体飾っている。 ガンダムのくせにナゼか悪人顔に見えるのは私だけ?。
MSN−04
サザビー

ネオ・ジオンの総帥専用機。 結局最後は「赤色」に戻るわけだが理由を聞いてみたいモノである。 宇宙世紀では最強のMSであると言っても過言ではないと思う。 ファンネルの数はヤクト・ドーガの数倍・・・クェスなら脳が溶ける?
PMX−003
ジ・O

パプティマス・シロッコ様の専用重MS。 胴体に50個ものバーニアを装備し、お相撲サンで言えば横綱並みに強い。 デカイ、速い、強いが「隠し腕」なる反則ワザも使用する。 横綱のクセに反則も使う卑怯なMSである。
MSN−02
ジオング

足は飾りなMSだが足があれば名称も違うモノになったMS。 両腕は有線ながらロケットパンチが打てるサイコミュを搭載。 特筆すべき点は頭部にコクピットがあるコトで分離可能である。 足よりも赤く塗装する時間が無かった為にシャア大佐も無念だった?。
NRX−055
バウンド・ドック

バスク・オム大佐は「強化」が好きな様で、この機体は「強化専用」MS。 ジェリドさんも最後は強化されてコレに搭乗した。 MA形態は、笑える姿となる。(簡単に製作できるのでお試しあれ!) 名称と言い、フォルムと言い、なかなかお気に入りの機体である。
NRX−055
バウンド・ドック(1号機)

ゲーツ・キャパ大尉とローレン・ナカモト中尉(GDW5.2参照)の2人が搭乗 つまり、複座式のバウンド・ドックである。 劇中ではサイコガンダムの周りをウロチョロするだけの機体。 ゲーツお兄ちゃんが・・・大尉だったとは・・
偉いヒトだったのネ。
MA−04X
ザクレロ

異論はあるだろうがガンタンクよりは強いMA。 拡散ビーム砲に4連装ミサイルランチャー、そして・・ヒート・ナタ・・・装備。 大きさの設定が不明な為、めでたくガンコレ化されたMAとも言う。 パイロットは、どうでも良いのだろうがデミトリー曹長。(望むビグロのGコレ化!)
PMX−000
メッサーラ

シロッコが開発したPMXシリーズ4機の中では最もバランスの良い機体。 MSと言うよりは、やはり可変式MAと呼んだ方が「しっくり」くる。 ブライト艦長のテンプテーションを攻撃する衝撃的な登場のしかたで印象に残る。
しかし・・・シロッコ様は御自分で操縦される機体は「大出力」ばかりである。


以下はDX最大の特徴となった組み合わせにより完成すると言う困った機体。
BパーツにGブルの組み合わせで完成する。 もちろん、単体で飾る事をお勧めしておく。 台座はザクレロのモノがマッチする。

Gファイター

Gパーツ(ガンダム支援用メカ)の基本形態。 大気圏内外を問わず運用可能な万能型の戦闘機。 ガンダムを乗せる事すら可能である。 映画版では「玩具色」を払拭すべくコアブースターに差し替えされる。
Gアーマー

ガンダムごと長距離を移動するために
ガンダムを格納する。 見栄えは悪いが、意外に使える重戦闘機である。


下の画像は図鑑完成の為「ガンダムコレクションフルコンプを目指そう!」の管理人@よし様から頂きました、 大河原ヴァージョン(シークレット)の画像。(心から感謝致します!)

Bパーツ Gブル Gファイター Gアーマー


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [DX] [DX2] [10] [NEO1] [NEO2]

TOP PAGE