初めに・・
今、ガンダムコレクションに興味のある方や集め始めた方は一読して下さいね。
コレクションなんて所詮「自己満足」の世界ですから「1個」でも立派なコレクターです。
数が多すぎて足踏みしている方は、まず最初の1個から「のんびり」と行きましょう!
私は、そのような方にガンコレを楽しんでもらう為このコーナーを作りました。
解らないこと、困ったこと(お金が無い!なんてのは私が困りますが)等々、気軽に問い合わせて下さい。
掲示板でもメールでも、出来る限り(解る限り)お返事を差し上げます。
「鬼のように収集中」の方は・・・・「ココ、違うでしょ!」なんて、つっこみ(アドバイス)願います。


ガンダムコレクションとは?(一応お約束ですからやります、全て私の主観ですが・・)
1/400のスケールで統一された塗装済み完成フィギュア。
通称は「ガンコレ」。
「小さなサイズ」と「ワリに良くできている」、「購入し易い」と言うメリットから多くの人から親しまれており
2005年3月の時点で第10弾までシリーズ化されています。(DXは2まで発売)
特筆すべきは、バリエーションの多さであり現在では軽く100種を超える事でしょうか。
2次元で無く、「立体ガンダム図鑑」としてコレクションするには適したアイテムと言えるでしょう。



ガンコレにはフィギュアを支える台座と機体についての説明書(以下ミニブック)が付属します。
台座の裏面には様々な文字・数字が書かれていますが、説明するまでもなく「RX−78−2ガンダム」は
機体の型番名称です。左側「E10」はガンコレ10のE番目という意味。
(注:ガンコレ1の初期ロットでは台座裏に機体名称が記載されていない)
では、両隅の数字は?何かと言うとガンコレを使用し「タクティカル・コンバット」なるゲームを行う際に
使用される「機体のスペック」を数値化したものです。(爺は詳しくない・・ゴメンナサイ)
凹凸に関しては、メーカーサイドの生産ロットを示す刻印。(この場合4凹初回版)
以前は初回版では必ず4凹、再販では3凹の様に変化した様ですが現在はそうでも無いようです。
>ミニブックは、その機体の説明が要領よく記載されています。
時々、興味深いことも記載されているので侮れません。(爺が知らなかっただけ??)
ミニブックを私の場合は名刺フォルダーに(百均のだけど)保管しております。
他に何か良い方法があれば教えていただけると助かります。
こんな感じです。
写真撮影を夜間に行ったので全体的に画像が暗いですけど、ごめんなさい。


ガンダムコレクションの特徴


先にも述べましたが、ガンコレはバリエーションが豊富です。
ここでは、「武装違い」と「マーキング違い」を紹介しましょう。
ガンコレの場合、通常1シリーズで基本ラインナップが10種類以上は含まれます。
しかし、この10種類中の1種にも色々なバリエーションが存在することが多いから大変。
ジェガンは「部隊マーク」を示す27と51、サザビーであれば「銃」と「剣」という様に。
これらのバリエーションを含めると30種を超えることになりコレクションの幅が更に拡がります。
中には「シークレット」と呼ばれコレクションする側からは「困りモノ」?な種類も存在します。
また、「初回版限定」と言う初回版にしか混入されない種類がある事も付け加えておきましょう。
そして全ての種類を集めると「フルコンプ」できたことになります。



後はご自分のコレクションを飾るなり大切に保管するなり自身のスタイルで楽しみましょう。
私は飾りたい派です。→爺の部屋へ進むヒトは