海外のアカハライモリ事情



先日、「Japanese Fire Belly Newt 」(アカハライモリの英名)でPC検索したところ多くの海外サイトが見つかった。
意外に生態なども詳しく説明されていて日本人も真っ青なくらい詳しい場合もあり逆に勉強になったり^^;
やはり、海外でも飼い易いのかもしれませんね。(水の硬度等の問題にまで触れているサイトは無かったですが・・)

参考サイト:http://www.caudata.org/cc/species/Cynops/C_pyrrhogaster.shtml


そこで少しだけ、海外の気候を調べるついでに日本に近い環境の地域などを探してみました。

カナダ・オンタリオ州(サンダーベイ:岐阜市の友好・姉妹都市)

夏:平均気温 16℃(最高気温 27℃)
冬:平均気温 -13℃



アメリカ・ペンシルバニア州

はっきりした四季があり、北日本と似たような気候。
緯度的には、北緯39度から41度と、仙台とほぼ同位置にあり、気候も似ている

冬(1月)の平均気温は30度F(0度C)、夏(7月)は77度F(25度C)。
冬の最高気温は氷点下を下回ることもあり、寒さは厳しいが、降雪は少ない。夏は湿度が低く過ごしやすい。年間降雨量102cm。年間積雪量は30〜54インチ(75〜135cm)。一年の晴天日92日。


引用:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/1012/PA/pakihon.html


フロリダ州(マイアミ)

北端:北緯31.0度,西経87.3度−九州最南端の佐多岬とほぼ同じ
南端:北緯24.5度,西経81.8度−石垣島とほぼ同じ

1〜3月  13.5℃/23.1℃ (最低/最高)
4〜6月  19.2℃/28.0℃
7〜9月  22.0℃/29.4℃
10〜12月 16.1℃/24.8℃

年間降水量 1,521ミリ(東京よりやや多い。ただし雨季に集中)
年中暖かく、大リーグのキャンプ地などに選ばれる。

オクラホマ州

ほぼ北緯34〜37度の間に位置しており、東京や大阪などと同じ。

オクラホマシティの気候は、四季の変化のある温暖湿潤気候に属しています。
年間平均気温は15.6度ですが、夏はメキシコ湾からの風が吹くため湿度が高く非常に暑くなり(2006年には43度以上が数週間継続)、冬には北風が強く吹き氷点下の日もあります。
オクラホマシティの気温が最も高くなる7月には平均最高気温が34.1度になり、最も寒くなる1月には平均最低気温が-3.8度まで低下します。
年間降水量は847.3ミリメートル、年間降雪量は230ミリメートルです。
冬にはブリザードが一回もしくは二回発生します。気温が氷点下よりも下がることがありますが、概ね一週間程度しか続きません。3月から8月の時期に天候不順になることが多く、4月と5月は悪天候になる確率が高いです。


引用:http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/infomation/kion/usa_oklahomacity.htm

これ、実は私の飼育しているカメの生息地なのですが(苦笑)緯度が近ければ当然、日本の気候にある程度は近くなるのが当たり前といえば当たり前。

今のところ、アカハライモリが海外で帰化したと言う話は聞きませんが飼い易く増え易いという意味では少し心配かな?
まぁ、どんくさいイモリなのでミドリガメのように帰化することは無いと思いますけどね・・笑

日本でも人気が出ると良いのに・・アカハライモリ。。


戻る