イモリ飼育での温度管理


水温計とイモリ


イモリの飼育は手間がかかりません、必要な設備(器具)なども多くなく手軽に飼えます。
そんなイモリですが、気を付けなければならない事も少しあります。それは温度管理。
特に暑さには弱いので夏場は注意が必要です。

イモリの適温

有尾類(サンショウウオなど)は高温には弱いとされ、イモリも飼育下での適温は水温で20度前後と言われています。
実際に自然下で生息しているイモリなどは我々人間が「冷たい」と思うような水温でも平気で生活してますね。
飼育下では室内飼育なら室温任せで充分に飼育できると言われてもいます。
確かに、冬場の寒い部屋(私の地域ですと気温12〜14度)でもエサを与えれば平気で食べます。
そして、食べたモノは消化され無事に排泄されます。

上陸中のイモリ

熱帯魚なら水温が12〜14度ですと生きてはいけませんし、カメなどの爬虫類でも活動はしますがエサは食べません。
イモリは低温には強く、ある程度の温度(何度かは分かりませんが)までは平気で活動できることになります。
イモリが冬眠する気温と言うのは10度以下くらいだと聞きます、これは爬虫類でも同じ。
つまり、イモリの場合は冬眠直前の気温までエサを摂取し消化・排泄も可能だと思われる。

ここでイモリに適した水温を結論付けるのは無理ですが、少なくとも冬眠しない程度の水温までは普通に活動すると言えます。
もちろん、暖かい季節に較べれば活動も鈍くエサを食べる量も少なくなりますが・・
適温は20度前後なのでしょうが、それ以下の温度・極端な温度で無い限りは室温任せでも普通に飼育は可能であると思われます。

危険な温度


先程も少し書きましたが有尾類と言うのは高温に弱い。
私はイモリを飼育してから1年程度で経験・知識共に浅いのですが今のところイモリを死なせてしまったことはありません。
ですから、水温・気温が何度になるとイモリが危険なのか?・・も不明です。

低温であれば水が凍るなんてのは論外だとして、高温は何度くらいから危険なのでしょう?
手持ちの書籍やネット上での情報を見ましても具体的なことは書かれていません。
目安として水温なら30度以上だと危険であるとの記載はありました。
私はイモリの飼育容器を自宅2階の自室に置いています。
南向きの部屋なので夏は室温が軽く30度を越えます。
部屋にはイモリ水槽のほかに120センチの水槽が2本。

カメ飼育120センチ水槽・部屋の西面カメ飼育120センチ水槽・部屋の南面

イモリは当時、今の30センチ水槽よりも更に小さなプラケースで飼育していましたので水量も少なく温度変化の影響は大きいわけです。

飼育中のカメでも30度を越えるのはマズイので夏場は常時部屋ごとエアコンで冷やしていますが、それでも帰宅して水温計を見ると28度くらいと言うことも多々ありました。
イモリのプラケースも28度以上^^;

ですから、私の短い経験から出る結論としてイモリは高温に弱いが水温28度までなら耐えてくれた。としておきます。


注意する点

イモリが可愛いからと言って手で触りまくりスキンシップをとるヒトは少ないと思いますが、触るのは最小限にしておいた方が無難かと思われます。
我々人間の平熱は35〜36度。
暑さに弱いイモリにしてみれば「熱地獄状態」ですから^^;

両生類・爬虫類は気本的にヒトに懐きません。
触られることに慣れるのであって慣れてもストレスは感じるかと予想されます。
イモリの場合、少ない脳ミソでストレスを感じるかは疑問ですが・・笑

イモリのオス

もう一つ、冬場に熱帯魚飼育で使用されるヒーターを入れる場合は必ず「サーモスタット」が付いているタイプを入れるべきでしょうか。

最近のヒーターはオートタイプのものが主流であり、その多くは水温を26度程度に固定します。
適温が20度前後と言われるイモリには少し温度が高すぎますからね。

保温シート保温には画像のようなシート状で温度管理が出来るタイプが良さそうです。



イモリの部屋に戻る