カメ飼育での濾過について考えてみる


カメはものすごく水を汚します。(これは事実です)
ただ、漠然と「水を汚す」と読めば水が汚れるわけであり汚すのはカメ。
しかし、カメが身体を洗うわけでもなく水が汚れる原因を突き詰めればカメがエサを多く必要とし、食べ残しやカメの排泄物で水が汚れるという結論になるかと・・

大食漢のカメは子ガメでも大きな熱帯魚くらいの量のエサを1度で食べます。
当然、食べ残しのカスは飼育水に混ざり排泄物(ウンチやオシッコ)も飼育水に垂れ流すので少量の飼育水ですとすぐに臭いがしたり水が濁ります。

だから頻繁に水を換える必要がある。自然の川なら圧倒的な水量で問題は無いのでしょう。
例えが悪いのですが海に出かけ釣り船から海にオシッコをしても、それだけで海が汚染されることはありません^^。
これは、海水の圧倒的な物量?と自然界に存在する浄化システムが働くからです。

飼育下でも濾過器と呼ばれる「水を浄化」する飼育器具が多く販売されており、効果は実証されています。
そこでカメの飼育に濾過器は有効なのか?を考えてみます。


まず、濾過には「物理濾過」と「生物濾過」とに大別されます。

物理濾過とは単純にゴミなどを除去する掃除機みたいな役割です。

基本的に水の浄化にはなり得ません。

水を汚さないという点で問題になるのは生物濾過と呼ばれる作用でしょうか・・


生物濾過とは、簡単に言えばカメが食べ残したエサや排泄物から出る有害成分をバクテリアの働きで分解すること。

このシステムについては熱帯魚のサイトさんなどで詳しく説明されていますからサラッと書くだけにしますが、エサの食べ残しや排泄物はアンモニアと言う極めて毒性の高い成分を発生させます。
金魚などを購入し、狭い金魚鉢に新しい水を入れ金魚を放り込むと水が白く濁り金魚が死んでしまった経験はありませんか?
これはアンモニアが発生したからです。

生物濾過の第1段階として、このアンモニアを無毒化するバクテリアが必要になります。
熱帯魚飼育などでは飼いはじめにパイロットフィッシュ(人柱?・・)と呼ばれる丈夫な魚を立ち上げたばかりの水槽に入れ、魚の排泄物から生じるアンモニアを分解してくれるバクテリアの成長を待ちます。
アンモニアが分解されると次は亜硝酸、硝酸塩へと分解されて行きます。
もちろん、硝酸塩も蓄積すれば多少の毒性はありますので放置するわけにも行かず水換えすることになりますが・・

このバクテリアは好気性(酸素好き)のものであり普通に生き物を飼育していれば底砂などに定着します。
ただ、バクテリアが育つまでは数週間かかると言われていますのでガマンが必要ですね。
市販されている「バクテリアの素」のような商品を活用するのも良いかもしれませんが私は購入したことがありません^^;。

嫌気性のバクテリアについては説明を省きますが、このバクテリアは文字通り「酸素が嫌い」なバクテリアなので育てるには知識と経験が必要になります。

極論?ですが好気性と嫌気性の濾過が完全に確立されれば水換えは不要になると考えられます。


さて、ここからが本題。
カメの飼育に濾過器は有効なのか?


私は以前、傍から見ると「何してるんですか?」と思われるくらい水槽に濾過器を設置し実験を行った経験があります。

外部フィルターと呼ばれる濾過器が6台、サブフィルターが1台(嫌気濾過実験用)


結果から先に書きますが120センチ水槽に小型のカメ2匹程度であれば余裕で効果がありました。

当時のデータが無いので説得力に欠けますが1ヶ月程度であればアンモニアは検知されず、硝酸塩も検知されても微量。
つまり、濾過器を強化すれば水換えの頻度はかなり延ばすことが可能です。
最大で2ヶ月放置しても水質に異常は見られませんでした^^;。

見た目の美観がいちじるしく損なわれますが多めの水量で強力な濾過器を設置すれば自然界の状況に多少は近くなるワケで当然の結果といえばそれまでですが・・

濾過器に入れる濾材は特別なものは使用せず購入時、フィルターに付属してきた粗めのスポンジに安価なリング状の濾材を組み合わせただけです。(そもそも濾材の良否って値段に比例すると思えない・・自己満足?)



濾過の能力は濾材の面積(バクテリアが住める広さ)と十分な酸素に依存するようです。
濾過器の水流については聞いた話しによれば早すぎる(強すぎる)よりも遅い(弱い)と感じるくらいの方が良いとの事でしたが私の場合、特別な工夫などせず普通に濾過器を回していました。


現在、前述したシステムは止めて2匹のカメを衣装ケースに外掛け式のフィルターを設置して飼育しています。
この濾過器は濾材が「活性炭」で、いわゆる「吸着濾過」を目的に使用していますがランニングコストを考えなければ十分に濾過器として活躍してくれています。
吸着濾過とは、冷蔵庫に入れる「キムコ」とかのように臭いも雑菌も全て吸い取ってしまうというイメージです。
しかし濾材がすぐに詰り、その度にカートリッジを洗うので手間がかかり無いよりマシ・・と言うレベルですね。
詰ったフィルターのカートリッジを見て、つくずくカメは水を汚すんだな・・と思う次第です。
結局、1週間に1度は水を換えています。

上記画像の120センチ水槽には新しい子ガメが1匹に外部フィルターが1台。
カメに破壊(笑)されても良いようにレイアウトは無視してアナカリスやマツモなどの丈夫かつエサにもなる水草。
水槽上部にはアオウキクサやサルビニアククラータを浮かべています。
今のところ水を換えた記憶が無いくらい、この組み合わせで数ヶ月が経過しています。
子ガメが成長し大きくなれば、いずれ通用しなくなるのでしょうが・・・

浮き草はお勧めですよ。(詳細は省きますが嫌気濾過の代役として必要十分な働きをしてくれているかと・・)


結論:カメ飼育では、やはり水換えが一番。
    ただし、飼育環境(多めの水に十分な濾過システム)によっては水換え頻度を大幅に延ばすことも可能。

    もちろん、これはカメの大きさ、エサの量、排泄物、水の量によりますが・・

    戻る