・カメを飼おうとしたきっかけは?

     元々カメが大好きで幼少の頃から飼育していたので^^


    ・なぜ、そのカメを選んだ?

日本固有種のニホンイシガメ。
その魅力に取りつかれてしまったタメです^^;
     日本固有種のニホンイシガメ。



    ・飼育で苦労したことは?

  イシガメの皮膚の弱さです^^;   


    ・そのカメの魅力は?

   日本にしかいない、日本が世界に誇れる固有種であった為です  


    ・そのカメの欠点があるとしたら何?

   上でも書いたのですが皮膚病になりやすいところです。  


    ・カメを飼ってて良かったと思えることは?

   日に日に成長する姿を見ていける事です。
  

    ・そのカメでお勧めの飼育器具、エサは何?

   エサはテトラレプトミンあたりがお勧めですね。  


・多数のカメを飼っている場合、一番のお気に入りのカメは?

ニホンイシガメ クサガメ ミシシッピーニオイガメと飼育する中で
やはりイシガメが一番ですね。



・それはなぜ?

臆病で怯えるのですがそれが可愛いからです(笑


    ・これからカメを飼おうとしてる人にアドバイスを!

   とにかく一生共にする覚悟で!
きちんとした飼育法で終世飼育してあげてください。
  


    ・他に興味のあるカメは?

   マタマタ スペングラーヤマガメ セマルハコガメ ホオジロクロガメetc...  

    
    ・この企画をどう思う?

   飼育経験者の方の飼育を参考にできたり、初心者にノウハウを
伝える事が出来ると思うのでとてもいい企画だと思います。
  



     と、言うことで今回はNaotoさんにお答えいただきました。
   以下はメールでのやり取り。  

ニホンイシガメといえば、先日近所のホームセンターで見ましたが
陸場9:水場1くらいの比率で売られてましたよ。
思わず店員さんに、「これは水ガメだよ」・・と意見したのですが
売れるまでの皮膚病防止のためにワザと陸場を多く取り水場
(イシガメの身体が何とか全て入るくらいのタッパー)は
毎日交換してるんだとか・・

長期的に見れば決して良い(飼育・保管)方法だとは思えませんが、
商売って事を考えると病気になったカメを売るよりは良いのかな〜・・
なんて納得しましたが、アレは妙な光景でしたネ



ミシシッピーニオイガメもいいですがイシガメもいいですよね^^
イシガメは古来から日本にのみ生息しているカメで温度管理とかは
勿論あまり必要無いですし(冬眠させないなら室内保温飼育になりますが^^;)
水質にさえ気をつかっていれば健康に上部に育てていく事が可能
なので個人的にはかなりオススメのカメさんですよ^^
ただ、日本のカメ同士なら問題ないのですが外国産のカメになると
ミドリガメの帰化でイシガメの生息数が減少している所からも分かる通り
同居させるとケンカが多発するようです。
陸9水場飼育は確かに皮膚病になりにくいですよ^^
カメ自体乾燥にある程度強いので定期的にタッパーの水を替えていれば
問題は無いと思います。
僕自身もイシガメさんが皮膚病にかかった時に治療法として行っていますので^^



Naotoさん、色々とご協力いただき感謝!!です。
勉強にもなりました。今後もお互いに飼育、頑張りましょう。


戻る