亀人(かめんちゅ)さんの場合


ヤエヤマミナミイシガメ


今回は亀の飼育情報サイト亀人の場の管理人:かめんちゅさんに、ご協力いただきました。
かめんちゅさんは1級愛玩動物飼養管理士の資格を持ち、カメの飼育に関してだけでなく動物全般に詳しい御方です。
もちろん、カメ飼育についても非常に詳しく多くの貴重なカメを保護、繁殖させてみえます。
正直、私が知らないカメも多く画像を添付していただいたのですが種類等、間違ってたらスミマセン^^;

また、貴重なカメ(オオヤマガメ?)の動画がテレビ番組「天才志村動物園」の日本テレビ動画サイトで公開されています。

・カメを飼おうとしたきっかけは?

私が生まれたときから亀が家におりました。
そして、物心付く頃には亀の世話をしておりました。


・なぜ、そのカメを選んだ?

選んではいませんが、クサガメ君でした(まだまだ元気です!)

・飼育で苦労したことは?

誰もが経験あるかと思いますが、水替えの際にバケツからこぼれる水
(洪水状態にしたことも・・・)

常日頃、飼育水の管理。
体調不良個体の状態立ち上げ。
飼育スペースの確保、様々なパターンを考え、
亀にとっての有意義な飼育スペースを熟慮しました。


・そのカメの魅力は?

クサガメは人に懐きやすく、非常におとなしい。
オスのひょうきんな頭の動かし方が愛嬌を倍増させます。
性成熟するにつれオスはかっこよく、メスは美しくなり、自然界の神秘を感じます。


・そのカメの欠点があるとしたら何?

私は大して苦ではありませんが、いうならば野生個体の防衛本能が働く時に発する臭いかと思います。
臭亀(くさがめ)なだけあります。※クサガメは「臭亀」が由来


・カメを飼ってて良かったと思えることは?

私がセッティングした飼育場所で、リラックスしためいっぱいの甲羅干しを魅せてくれたとき、私も幸せな気分になります。

・そのカメでお勧めの飼育器具、エサは何?

灯油缶。灯油ポンプ。トロ舟。鍋。

エサは配合飼料をはじめ、その他、主に人間が食用可能を前提とし、
亀に適した野草。野菜。果物。魚。


・多数のカメを飼っている場合、一番のお気に入りのカメは?

どれも凄く可愛いですが、一番懐いているのはクリイロハコヨコクビガメ。

・それはなぜ?

とても丈夫でめったに病気をしない。
顔がひょうきんな顔で愛らしく、首が長く恐竜の様で魅力的。


・これからカメを飼おうとしてる人にアドバイスを!

はじめまして!一級愛玩動物飼養管理士の亀の飼育情報サイト「かめんちゅの場」のかめんちゅです。
私が一番伝えておきたいのは、「情報に流されないこと」です。

亀は本来自然下に住んでいる生き物です。答えは自然にあるのであり、本やネット等の情報はあくまで情報に過ぎません。
情報に惑わされていると、「飼育」の観点で見れなくなり「知識」だけのコレクター志向に向いてしまいがちです。
どういう飼い方が答えだというのはありません。飼育者がペットの亀にとって一番幸せな環境とはどういうものなのか、「情報」を補助として、答えがある「自然」をヒントに飼育方法を探していくことがあなたが愛する亀の為なのです。


・他に興味のあるカメは?

現在は、育てた亀から生まれてくる子亀に関して一番興味あります!


   セマルハコガメのペア                      生まれた子ガメ

・サイトやってて良かったこと、困ったことは?

やはり、長期に渡り様々な亀飼育者にご活用いただいていること。
さらに2004年〜2008年にかけてご批判がほとんどなく、次々と飼育相談や雑談の書き込みをいただける。
ブログや掲示板、またはサイトページ内で問題が解決したときや、共感をいただけたとき、亀が助かったとき、ほんとにやっててよかったなって思います。



ニホンイシガメの孵化直後              アカセスジヤマガメの産卵

・この企画をどう思う?

面白い企画ですね。
お声をかけていただき嬉しく思います。まだ書きたりないですがすみません時間の都合で・・・

管理人様、もし差し支えありませんでしたら相互リンクをお願いいたします。


かめんちゅさん、御多忙中にご協力いただき本当にありがとうございました。
何と言いますか・・・圧倒されましたよ。
相互リンクは喜んでってか逆に恐縮です^^;

最後に貴重な画像を数点。

戻る