カブトニオイガメ・ミシシッピニオイガメ2008年12月の様子


カブトニオイガメが幼体から育ち我が家に来て2年と3ヶ月。
大きくなりました。


現在の飼育環境は、衣装ケース(74センチ×39センチ)で水深が15〜17センチ程度。
この衣装ケースを真ん中から仕切り、ミシシッピニオイガメ(丸8年が経過)と一緒に飼育しています。
少しスペース的には狭いかもしれませんが、そのぶんエサの量を減らして肥満にならないよう注意してます。

エサはカブトニオイガメが2日に1回でレプトミン主体にメダカ1匹、シジミの茹でたもの3〜4個、キビナゴ(犬用)。
ミシシッピニオイガメも2日に1回、主食はコイのエサ(スイミー)に、メダカ、シジミ、キビナゴ等。



仕切り板の代わりにちょうど良い大きさのプラケースがありましたので、ここにヒーターや活性炭の袋詰めしたモノなどを設置して飼育スペースをかせいでいます。

水温は約26度固定。
フィルターは外掛けフィルター。
水換えは1週間に1回です。


エサの量、回数を減らし、活性炭の力を借りて何とか水換えを週一にしてる・・と言う感じですね。
1回フンをされると収拾不能なくらい水が汚れるから・・苦笑

とりあえず、この体制で春まで行く予定です。

何せ、飼育のためにかかる電気代がけっこうスゴイ事になってまして・・^^;

カメだけで月に1万円越えてますから。(主にヒーター)

冬場だけは我慢してもらおう。。


カブトニオイガメの飼育に戻る