カブトニオイガメとミシシッピニオイガメの様子(2009年2月)


飼育9年目をむかえたミシシッピニオイガメと2年半を越えたカブトニオイガメ

★現在の飼育状況

水槽:120センチサイズに仕切りを入れて2匹を飼育
エサ:2日に1回で基本食はスイミー(コイのエサ)と鳥のレバー、メダカ、シジミ、キビナゴ等
水温:26度に固定
水質:外部フィルターに外掛けフィルターで維持
換水:10日〜2週間に1回、全交換

上がカブニ、下はミシニ。あまり大きさが変わらなくなりました。


画像はカブトニオイガメ。エサは2日に1回、現在ダイエット中です。

こちらはミシシッピニオイガメ。 相変わらず夜行性。。


先日、新しく120センチ規格水槽を購入したのでカブトニオイガメとミシシッピニオイガメは衣装ケースから元いた古い方の120センチ水槽へ再び戻ることに。
これが現在の飼育状況です。
プラケースを仕切り板の代わりに設置(斜めになりますが)
プラケース内にヒーター、エアストーンを収納してあります。
今まで使用していた外掛けフィルターも設置。
外部フィルターの補助&水流を作るためです。

外部フィルター(リング状の濾材とスポンジ)に外掛けフィルターの活性炭の相乗効果?で水質は2週間以上問題ありませんね。ベアタンクの相変わらず殺風景なレイアウトですがメンテナンスは非常に楽です。

ただ、仕切りのプラケースが斜めにしか置けないためカメたちは狭い隙間に入りたがる(苦笑)


ガタゴトガタゴトとうるさいのが現在の悩み?です。

カブトニオイガメの飼育に戻る