S.O.G(ストラテジーオブガンダム)第2弾 オデッサ作戦



オデッサ作戦は連邦軍が地上において展開した、1年戦争最大の作戦である。
連邦軍はこの作戦の為、地上戦力の3割をヨーロッパへ投入した。
オデッサ作戦という名称は、目標となった突撃機動軍キシリア・ザビ少将の懐刀マ・クベ少佐(当時)の確保する鉱物資源採堀基地が
オデッサ近郊に存在していたことに由来する。


S.O.G.2 ブック


ボールK型特殊装備?仕様意外に良い出来ですね08小隊のカレン機(ジムヘッド仕様)集合画像

今回のS.O.G2弾でもいろいろな工夫がなされています。ボールK型にはオリジナル武装、陸戦型ガンダムには差し替えキットとして
ジム(陸戦型)のパーツが付属。(カレン曹長が搭乗)
非常に珍しい、機体もラインナップされ・・・・売れるのか?・・笑


ホバートラック&RB−79K ボールK型 ホバートラック&RB−79K ボールK型

なんとも奇妙な組み合わせでの発売だが、どちらもあまり商品化されるモノでは
無いと言うことで評価したい。
ボールにはこのシリーズ・オリジナルの武装も付属。(画像:左)
ホバートラックのハッチ?を開けると、このオリジナル武装パーツが収納できるが
・・・笑
ムチャクチャ強そうなホバートラックになる。
MS−06RD−4 高機動試作型ザク MS−06RD−4 高機動試作型ザク

08小隊の冒頭でアイナさんがこの機体でテスト飛行。
リックドムの推進機関を兼ねていたからカラーリングもドムっぽい。

シロー・アマダ少尉操るボールK型と激戦(笑)の末、引き分け。
この機体の詳細なデータは不明だがアプサラス計画にも貢献した。
MS−07H−8 グフ・フライトタイプ MS−07H−8 グフ・フライトタイプ

グフのH型を再改良し劇中ではアプサラスVの護衛機として登場。
Zガンダムに登場するグフ飛行試験型(MS−07H)の発展機・・・と言うことになる。


理由はともかく、コレを1年戦争で実戦投入したギニアス・サハリン少将・・・恐るべし!
(個人的には非常にお気に入りなアイテム・・値段のワリに良く出来てます)
MS−07B−3 グフ・カスタム MS−07B−3 グフ・カスタム

サハリン家の用心棒、ノリス大佐の愛機?
劇中では奇人 鬼神のごとく暴れまわり08小隊の面々を子ども扱いにした。
それ故に、人気も高いMS。(ノリスは・・・人気無いかも・・笑)

上のフライトタイプと比較すると少し見劣りするが汚しなども過剰にせず、良い感じに仕上がっていると私は思う。
RX−75 量産型ガンタンク RX−75 量産型ガンタンク

本家?ホワイトベース搭載の試作型ガンタンクとは異なり自動給弾装置(背中のデカイやつ)を装備する汎用機。

宇宙へ逃れるケルゲレンの狙撃用に配備されたが多くが大破。

この機体が商品化された・・と言うコトに拍手を送りたい。

(異様に砲身が長いのに私は驚きました)
RX−79[G] 陸戦型ガンダム RX−79[G] 陸戦型ガンダム

RX−78の「ダメなパーツ」で作られたMS。
コアブロックシステムは無く直接「乗り降り」する。
それ故に、リアリティがある・・
私のお気に入り。

それはさておき、ジム頭も含めて3体は確保してみたいアイテムである。
(私は注文ミスで2セット届いたワケですよ・・笑)
RX−79[G]Ez−8 ガンダムEz−8 RX−79[G]Ez−8 ガンダムEz−8

画像では白っぽく見えるが実物は、もう少し黄色い感じ。

ガンダムに見えないガンダム
胸の装甲はザクのシールドを使用
私はイージー(簡易)ガンダムと解釈していたが機体名称の由来は08小隊からとのコト。

今回の2弾に共通する「スミイレ」、「汚し」が特になされていない(手抜き?)一品。





戻る